ETC取り付けにまつわるエトセトラ

自動車

今更ETCを取り付けよう!

今はETC2.0に移行している最中ですが、まだやっぱり車載器が高いんです。
セカンドカーの軽自動車にETC2.0に対応したナビも付けていないため、メリットがほぼありません。なので、旧型ETCを取り付ける流れを追っていきたいと思います。

旧型ETCは期限があるので注意!

旧型ETCは電波関連法案の改正により、スプリアス規格の変更とセキュリティ規格の変更により使用できなくなる期限があります。
スプリアス規格、セキュリティ規格は別の使用期限となりますのでご注意下さい。

スプリアス規格

あまりその辺の知識があるワケではないのですが、書いてあることを記載すると、、

スプリアス規格

必要周波数帯の外側に発射される不要な電波の強度の許容値に関する規格

要するにETCレーンを走行する際にやりとりする電波でノイズ的に不要な電波を低減したい、目的でしょうか。間違ってたらスミマセン。
で、このスプリアス規格が旧規格の場合、電波法違反になるため2022年12月1日移行利用することができなくなります。(ゲートが開かなくなるのか、対応は決まっていない様子。)
一応ETCを管理している、ITS-TEAの展開文も確認しときましょう。

https://www.its-tea.or.jp/users/pdf/old_spurious_standard.pdf

セキュリティ規格

ここもあまり詳しいわけではないのですが、ようはなりすましでETCを利用されたりするのを防ぐため、セキュリティ規格を上げようとしているワケです。
このセキュリティ規格に対応していない場合、2030年頃には利用ができなくなります。

ここもITS-TEAの展開文を参照下さい。

https://www.its-tea.or.jp/users/pdf/security_standard.pdf

まとめると

で、今回購入したのはPanasonicの” CY-ET907KD”をメルカリで購入しました。
そこで、Panasonicのサイトを確認すると、、

型式登録番号・セキュリティ規格・スプリアス規格 | Panasonic
パナソニック 型式登録番号・セキュリティ規格・スプリアス規格のページです。

セキュリティ規格は旧型ですが、スプリアス規格は準拠している模様。
セキュリティ規格に引っかかりますが、うちのモコを2030年という10年後も乗り続けていると思えないため、今回はこのような選択になりました。

必要なもの

結局作業しているとコレ以外にも必要なものはありました。

(左から)
トリムリムーバー、ニッパー、ドライバー(+ No.2)、プライヤー、テスター(必要な場合)、パーツクリーナー、エレクトロタップ(今回は使いませんでした)

参考取り付け時間

作業工程

バラし
アンテナ取り付け
配策
本体取付
コード束ね
組付け
【業者依頼】セットアップ

最後のセットアップは認定店でしか作業が出来ないため、ここは別途依頼しましょう。値段は店舗にも寄りますが、3,000円程度じゃないでしょうか?
セットアップ以外の取り付け時間は僕が業務で行っていた時は15分で作業完了の指示だったので、30分くらいを見込みましょう。
初めての作業でも1時間くらいでしょうか??

早速取り付けよう

まずは確認

まずは、どこを外せばいいか一度落ち着いて観察してみましょう。闇雲に作業しても迷うだけです。
また、ETC本体の設置場所がどこが良いかもこの段階で本体を当ててみて考えます。運転席から遠いとカードを入れるのが大変だし、近いとステアリングやペダルの操作系のことを考えないといけません。

あと、作業する時はバッテリーの消耗を抑えるためルームランプはOFFにしときましょう。

今回は運転席右下ポケットの上面に貼り付けたいと思います!

フィニッシャー類の取り外し

今回は、運転席側ピラーフィニッシャー、ステアリングコラムの下側のフィニッシャーを外します。

ピラーフィニッシャーの取り外し。
まず左側、ウェザーストリップの一部を外します。全て外してしまうと、取り付けが上手く合わなくなるので、必要箇所のみ。
ピラーフィニッシャーはクリップのみのため、横方向に引っ張れば外れます。

電源を取るためついでにナビ周りも外します。
パークロックを解除し、何らかのレンジにしておきます。傾斜がある場合はサイドブレーキ等をかけときましょう。。
エアコンの目隠しを外すと内側にビスが居ます。これを外し、エアコンの吹き出口付近からどうにか隙間を作りパネルを浮かせます。割らないようにご注意!冬は特にパネルが硬化しているため、割りやすいです。車を日光に当てておく、走って帰ってきてから作業する、等すると暖かくなってパネルが柔らかくなります。

名前を忘れましたが、コラムのアンダー側のフィニッシャーを取り外します。こうすることで、アンテナや電源の配策がしやすくなります。

加工

ETC本体を取り付けた後に電源とアンテナ線を引き込むためにドリルで穴を空けます。
ドリルが無い場合は、パネルをドライヤーで温めた後にカッターを当てるとスンナリ刃が入ります。

今回は12mmの穴を2つ繋げて空けました。大きな穴ですが見えなくなるので気にせず空けましょう!思い切りが大切!

アンテナ取り付け

アンテナを取り付けるためパーツクリーナー等で脱脂します。これをしっかりしてないと走行中に脱落します。

アンテナを貼り付けると配線をヘッドライニング(天井)とガラスの間に差し込みますが、配線にスポンジテープを巻きつけておくとビビり音防止と配線の脱落防止になります。
その後、ピラーにはタイラップで締め上げます。運転席側にはリヤウォッシャーへのチューブが走っているため、締めすぎると詰まります。

電源の配策

電源はナビ裏からエレクトロタップにて取ろうと思っていましたが、ナビを取り付けした際に使用していたオーディハーネスに常時、ACCのギボシが余っていたので、ETCの電源もギボシ端子を取り付けてカプラーオンとすることにしました。
今回はギボシ端子を持っていたのでこのように対応しましたが、無い場合はエレクトロタップで結線します。

アースはナビと同じように落とせばオッケー。僕はナビの本体とブラケットを取り付けているビスに共締めしました。

動作確認

とりあえず、電源を繋いでアンテナを取り付けたら一度イグニッションをオンにして、キチンと動作するかを確認します。

ナビを外した際にコンビネーションスイッチのワイパーを動かした場合は、ニュートラルに戻しましょう。乾いた状態で動作させるとキズの原因となります。

手元にETCカードが無かったため、ガソリンスタンドのプリペイドカードを入れて動作を確認します。当然ETCカードが無いので、エラーとなります。
ETCのオネイサンがエラーを教えてくれたら、とりあえず電源は大丈夫なことが分かります。

後は目隠し&本体貼り付け&復元

まずは本体を貼り付けます。この写真の角度からは穴が見えてますが、運転席に座ってしまったら全く見えないので気にしない!

余った配線は束ねてナビの配線と一緒にしておきます。そして、コラム下のアンダートレイの裏に引っ掛けるフック?があるので、配線を引っ掛けておきます。その他、アンテナは車両右側にメインハーネスが通っているので、そこにまとめる等して目隠ししました。

後は外したフィニッシャー類をもとに戻します。
そして、もう1度ワイパーの位置を確認しときましょう。

セットアップは業者へ

こればかりは素人にはどうすることも出来ません。
登録店で行う以外手段が無いのです。また、アンンテナの確認もついでにしてもらえば、いざレーンを通過するときにヒヤヒヤすることもありません。

ITS-TEAでセットアップ登録店を検索することができるので、お家の近くの登録店を探しましょう。

セットアップ店検索
全国のETCセットアップ店を検索できます。

おつかれさまでした!

セキュリティなどいろいろな制約がありますが、この使用で向こう10年くらいは安泰です。
これがたった2-3000円程度+セットアップ料金で済みます。新品だと数万円してしまうので、安いですよね。

DIYの醍醐味です。結構ザックリ書いてしまったので、分かりにくかったらスミマセン。。
自分でやってみて、悩んでみるといろんな勉強になります。頑張ってみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました